椅子は快適さが第一です。お気に入りの椅子は、長年使っていると、布地の汚れ、クッションのヘタリ、木部のグラツキなどの疲れがでてきます。汚れ、しみなどは布地を張り替えれば新品同様に生まれ変わります。
 今ではあまり見かけなくなりましたが、昔の椅子の多くは座面のクッションにコイルバネが入っていました。現代の椅子は、ほとんどがウレタン(スポンジ状の素材)になってしまいました。高和では、ウレタン素材はもちろんのこと、コイルバネの椅子もしっかりと調整し、快適な椅子に仕上げることが出来ます。では左の椅子の張り替え作業を紹介します。
年代ものの高級な椅子
 座面の布地をはがすとコイルバネが見えてきます。このコイルバネの位置を調整し、ずれないようにひもでしっかりと固定します。
写真は座面の側を固定しています。ものによってはコイルバネそのものがへたっていたり、割れている場合もあります。そんなときは新品に交換します。
コイルバネを固定中
 座面が終わったら次に椅子の裏側から固定します。針とひもを使って固定しますが、見た目の美しさを考えながら縫い付けていきます。
1本のひもで縫いあげていくので、縫い始めから終わりまでのイメージと美しさを同時に考えながら作業します。「見えないところにもこだわる」これが高和のポリシーです。
椅子の裏から固定
 コイルバネの固定が終わったら布地で覆います。高和ではこのような目に見えない部分でも、しっかりとした仕事をします。
コイルバネを覆うように布地をかぶせ、張りながら釘で固定していきます。
布地をかぶせる
 布地の上にクッションになる素材を敷き詰め、それを再度布地で覆います。この作業はクッションの厚さを均一にし、座面の型を整えなけれ
ばならないので熟練した技術が必要です。このようにコイルバネの上にクッションを敷き詰めた椅子は座り心地が格段に良いと思います。
クッションを詰める
 いよいよ仕上げ用の布地で覆います。ここまで来ると椅子らしくなってきました。大き目の布地をかぶせ細部にわたってしっかりと張りま
す。この仕上げ用の布地もグレードによって安価なものから高価なものまでたくさんの種類の中から選ぶことができます。
仕上げ用の布地
最後に鋲を打ち込んで
 最後に鋲を打ち込んで完成です。満足のいく仕事ができました。
   
   
前から
 
後ろから
 その昔、椅子は高価なものでした。それはほとんどが座面にコイルバネを使っていたため椅子を製造するのに手間隙がかかっていたのです。現在では座面にウレタンが多く使われこのようなコイルバネを使った椅子は少なくなってきました。寂しい限りです。「買ったほうが安い」「古いから..」という理由で椅子を捨てないで下さい。物置に眠っている古い椅子、それをよみがえらせましょう。先祖が使っていた古い椅子を自分が使い、更に子どもにも..孫子の世代まで張り替えて使う。そんなすばらしい椅子の文化を定着できたと考えています。
【HOME】